伝統行事・祭り

鏡の里元服式

記事作成日:2018年1月9日

鏡の里元服式 体験者募集

滋賀県竜王町で古式ゆかしく「元服」を体験してみませんか?

古代の街道・東山道で栄えた宿場町「鏡宿(かがみのしゅく)」(現在の滋賀県蒲生郡竜王町鏡)は、「源義経(幼名牛若丸)元服の地」と伝えられています。鏡の宿義経元服ものがたり→
そこで義経が元服した3月3日に因んで、竜王町では毎年3月に、いにしえの時代の成人式「鏡の里元服式」を開催し元服を体験される方を募集しています。
鎌倉時代の武家の正装姿で、「道の駅竜王かがみの里」から「鏡神社」までの斎行と神社拝殿、髪上げの儀や加冠の儀を中心に古式ゆかしく厳かに執り行います。 13歳以上の男女問わずどなたでもご応募できます。
20歳の成人式に行けなかった方、還暦の方など人生の節目に是非竜王町で「元服」をされ新たなスタートを切ってみませんか?

鏡の里元服式

鏡の里元服式斎行要項

日時 毎年3月 午前9時40分~午後2時
スケジュール 8:30 元服体験者集合 道の駅竜王かがみの里正面玄関(ドームの下)で受付
  受付後、衣装着付け
9:40 セレモニー・斎行(渡り)道の駅竜王かがみの里~鏡神社まで
  ・元服体験者・巫女・烏帽子親・関係者約30名の斎行
10:00 元服式 鏡神社にて
  修祓の儀(お祓い)
  元服式を催行 拝殿
  (1) 献撰・祝詞奏上
  (2) 髪上の儀・加冠の儀
  (3) 神酒拝載
  (4) 記念品授与
10:50 今様謌舞楽の奉納 拝殿 鏡神社にて
  ・今様謌舞楽(いまよううたぶがく)奉納を観賞
11:20 記念撮影 拝殿前 鏡神社にて
11:30 斎行(渡り)鏡神社~道の駅竜王かがみの里まで
  ・元服者・関係者らの斎行
11:40 記念セレモニー道の駅竜王かがみの里歴史広場(ドームの下)にて
  ・道の駅歴史広場特設ステージで記念式典 近江うし丸と記念撮影
12:00 個人写真撮影タイム
  道の駅竜王かがみの里
歴史広場(ドームの下)にて
12:15 元服者 直会・昼食 道の駅竜王かがみの里2階にて
  ・義経元服料理(鎌倉時代の武士の祝い膳)で直会
14:00 着替え後、終了
会場 滋賀県蒲生郡竜王町鏡
鏡神社・道の駅竜王かがみの里
主催 竜王町観光協会

「鏡の里元服式」は、人生三大儀礼(冠・婚・葬)祭の最初に迎える儀式「髪上の儀」や「加冠の儀」を古式に則り実施します。

斎行(渡り)

斎行(渡り)

斎行(渡り)

斎行(渡り)

斎行(渡り)

斎行(渡り)

斎行(渡り)

斎行(渡り)

斎行(渡り)

斎行(渡り)

斎行(渡り)

斎行(渡り)

修祓の儀

修祓の儀

修祓の儀

修祓の儀

祝詞

祝詞

髪上げの儀

髪上げの儀

髪上げの儀

髪上げの儀

加冠の儀

加冠の儀

加冠の儀

加冠の儀

加冠の儀

加冠の儀

加冠の儀

加冠の儀

神酒拝戴

神酒拝戴

神酒拝戴

神酒拝戴

神酒拝戴

神酒拝戴

神酒拝戴

神酒拝戴

今様歌舞楽

今様歌舞楽

今様歌舞楽

今様歌舞楽

今様歌舞楽

今様歌舞楽

今様歌舞楽

今様歌舞楽

今様歌舞楽

今様歌舞楽

今様歌舞楽

今様歌舞楽

退場

退場

拝殿前

拝殿前

拝殿前

拝殿前

渡り

渡り

渡り

渡り

渡り

渡り

渡り

渡り

渡り

渡り

道の駅にて

道の駅にて

道の駅竜王かがみの里ステージ 近江うし丸

道の駅竜王かがみの里ステージ 近江うし丸

記念撮影

記念撮影

義経元服料理で直会

義経元服料理で直会

義経元服料理で直会

義経元服料理で直会

集合写真

集合写真

元服体験者募集

費用 お一人10,000円(衣装着付け・祈祷料・記念写真・元服料理代等を含みます)
対象年齢 13歳以上(制限なし)どなたでも還暦の方でもOK!
募集人数 限定15人(男女を問いません)
申込期間 平成30年1月29日(月)~3月16日(金)
お申込み
お問合せ
滋賀県蒲生郡竜王町小口3番地
竜王町観光協会
TEL(0748)58-3715
FAX(0748)58-3730
お申込はインターネット・FAXのいずれかの方法にてお願いいたします!
(FAXまたは申し込みフォームに、住所、氏名、ふりがな、生年月日、年齢、電話、身長、服のサイズ、足袋のサイズをご記入ください)
→インターネットからのお申込みはこちら