伝統行事・祭り

弓削の火祭り

記事作成日:2018年4月9日

弓削の火祭り

夜空を焦がす火の祭典 神前で大きなたいまつを燃やす男子青年の祭り

5月1日の宵山に竜王町弓削地区の15歳から25歳の男子で、神前の大松明(三角松明、丸松明)を燃やす神事が行われ毎年大勢の参拝人で賑わいます。三角松明は全国的にも珍しいと言われています。
静かな農村に響き渡る太鼓と鉦、爆竹や花火の音。打ち上げ花火や仕掛け花火が奉納され最後に大松明が燃やされると祭りは一気にクライマックスを迎えます。夜空を焦がす大松明のゆらめく火が田んぼに写りあたり一面幻想的な美しさに包まれます。

弓削の火祭り

弓削の火祭りスケジュール

日時 毎年 5月1日(宵山) 午後8時~
スケジュール

午後8時~花火開始
(8時までは境内はほとんど人の姿は無く8時に神輿が帰ってくるといきなり火祭りが始まります)
※爆竹の音がとても激しいです。花火を投げるときがありますので衣服などが焦げる場合がございます。くれぐれもご注意ください。

会場

〒520-2561
滋賀県蒲生郡竜王町弓削857
小日吉神社(こびよしじんじゃ)

駐車場 駐車場はありますが小さいです。

「弓削の火祭り」は、災いを祓い、一年の豊作を祈る行事です。

弓削の火祭り

小日吉神社境内にて爆竹と花火

弓削の火祭り

打ち鳴らす太鼓の音と爆竹音が静かな農村に響き渡ります

弓削の火祭り

小日吉神社境内 激しい爆竹と花火

弓削の火祭り

爆竹と花火を投げるので近づくと危険です

弓削の火祭り

仕掛け花火

弓削の火祭り

仕掛け花火

弓削の火祭り

仕掛け花火

弓削の火祭り

仕掛け花火

弓削の火祭り

仕掛け花火

弓削の火祭り

仕掛け花火

弓削の火祭り

打ち上げ花火

弓削の火祭り

打ち上げ花火

弓削の火祭り

花火

弓削の火祭り

花火

弓削の火祭り

花火

弓削の火祭り

花火

弓削の火祭り

大松明を燃やす神事

弓削の火祭り

三角松明と丸松明

弓削の火祭り

激しく燃える大松明

弓削の火祭り

三角松明と丸松明

弓削の火祭り

夜空を焦がす大松明

弓削の火祭り

田んぼに写る大松明の火

弓削の火祭り

燃え落ちる大松明

弓削の火祭り

青年団 火の粉で衣服や髪も焦げ焦げ ※ご注意!!